私が体験した資産運用会社(アセットマネジメント会社)、ヘッジファンドのおすすめできる転職エージェント(人材紹介会社)

資産運用(アセットマネジメント)、ヘッジファンドで私がおすすめできる転職エージェント5社

私が実際に資産運用(アセマネ)の転職の際にお世話になった、転職エージェント(人材紹介会社)を、5社に絞って紹介します。

 

 

私の場合は、なかなか決まらなかったこともあり、15人くらいのエージェントと会いました。

 

 

その時気付いたのは、国内系、外資系、独立系となるべく分散させた方がいいということです。

 

 

何故なら、転職エージェントによって持っている求人案件が異なるため、エージェント1社に依存すると、自分に合った良い案件を見過ごし、他人に取られることがあるからです。

 

 

外資系運用会社に強いエージェント、日系大手金融機関に強いエージェント、特定の会社にコネのあるエージェントなど、様々です。

 

 

せっかく珍しく「未経験OK」の貴重な案件が出回ったとしても、自分が登録している転職エージェントが取り扱っていなければ、意味がありません。

 

 

 

また、同じ求人案件を持っていても、紹介してくれるエージェントと、してくれないエージェントがあることにも気づきました

 

 

特に、既にそのエージェントが、別の優秀な候補者を企業に推している場合は、そうなる可能性があります。

 

 

私も最初は、「自分なんかが転職エージェントと会って、相手にがっかりされないだろうか・・・」「まだ、転職するかどうかも決めてないし・・・」と思っていましたが、話を聞くだけでも、親切に対応してくれることが多かったです。

 

 

一度、転職エージェントに登録さえしておけば、その時は良い案件が無くとも、将来求人が入ったときに、すぐにメールしてくれるでしょう。

 

アセマネに強い転職エージェント5社

結論から申し上げると、

 

 

【ヘッジファンドから外資まで独立系ヘッドハンターを広くカバー】

 

BIZREACH(ビズリーチ)

 

【国内金融機関・運用会社の転職に強い2社】

 

リクルートエージェント

 

DODA

 

【外資系運用会社の転職に強い2社】

 

JACリクルートメント

 

Michael Page

 

 

の5社をおさえておけば、ほぼ漏れがないと思います。

 

そもそも、ビズリーチには沢山の独立系ヘッドハンターがいますので、時間がなければ、それだけでもかなりカバーされます。。

 

さらに追加するなら、AntelopeKotoraが金融業界では有名です。

 

Antelopeは、私が面接したときは、たまたま条件に見合う求人が全くありませんでした。
Kotoraは使ったことがありませんので、ここでは取り上げません。

 

 

BIZREACH(ビズリーチ)

 

 

ファンドマネージャーへの転職

 

 

ビズリーチは、ヘッドハンター(転職エージェント)のポータル的なサイトです。

 

以下のように、ファンドマネージャーの求人案件は多数あります。

 

ファンドマネージャーへの転職

 

 

ファンドマネージャーへの転職
(※2017年3月時点の求人情報ですので、現時点で掲載されているとは限らないことをご了承下さい)

 

 

レジュメを登録すると、日系大手、外資系、独立系を問わず求人案内をもらえます。企業から直接ダイレクトオファーを頂けることもあり、私も実際に某運用会社から、直接オファーを頂いたことがあります。

 

 

特に、普通のWeb検索では引っかからない、個人経営の独立系ヘッドハンターが、外資系、ヘッジファンド等の強いコネを持っていることがありますが、彼らとはビズリーチを通じて接点を持つことができます。

 

 

これをまだ多くの人が知っていません。

 

 

自分の運用業界の知人に薦めても、「ビズリーチ?ああ、たまにバナー広告で見たことあるけど・・・」程度の認識なのです。

 

 

よく転職した人に経緯を聞くと、「ヘッドハンターから電話がかかってきて・・・」と格好よく言いますが、実際は向こうから電話がかかってくることなど稀です。
こちらから接点を持つには、こういったサイトを活用する必要があります

 

 

他の業界は経験が無いのでわかりませんが、運用業界では、「現役で働いている人が知人を引っぱってくる」ことも多いし、「元々運用会社で働いていた、個人経営のヘッドハンターの紹介」も結構多いです。

 

個人経営のヘッドハンターと出会うには、ヘッドハンターのポータルサイトであるビズリーチが優れています。

 

 

 

ビズリーチの登録方法

ファンドマネージャーへの転職

 

 

最初に、自分の基本情報、希望条件、職務要約、スキル、職務経歴等を入力すれば、それを見た色んなヘッドハンターからスカウトメッセージが届きます。

 

 

職務要約の体裁は、そこまで丁寧にこだわらなくとも、全然OKです。私も、箇条書きで書いただけ、英文も載せなくとも問題ありません。

 

 

ヘッドハンター達は、毎日色んな条件で人を探していますので、早ければ翌日にも数人からオファーが来ることがあります。

 

 

今働いている会社に転職活動がばれないように、職務経歴書を非公開にする企業を設定することができますので、その辺の心配は不要でした。

 

 

全て無料で登録し、案件を閲覧できます。30日間4980円のプレミアムプランに登録すると、ヘッドハンターに返信し、相談したりできます。

 

 

私は転職期間中は、プレミアム会員に登録して、すぐに返信ができるようにしていました。転職して給与が上がり、自分のステップアップができるのなら、かけるべきコストだと考えました。

 

 

私は、複数のサイトを使いましたが、最終的に転職が決まったのは、ビズリーチを通じて出会った個人経営のヘッドハンターの紹介がきっかけでした。

 

 

ファンドマネージャーアナリストは勿論、外資系運用会社のバックオフィストレーダー、高収入のクライアントサービスなど資産運用業界に本気でチャレンジするつもりで、もしまだ登録していないのなら、まず最初に登録しておくべきサイトです。

 

 

ビズリーチ ホームページ

 

 

 

 

 

 

 

JACリクルートメント

 

ファンドマネージャーへの転職

 

JACリクルートメントは、海外勤務案件や、外資系に強いことが特徴です。

 

 

日本から海外へレポートしたり、海外展開する企業に人材を紹介するJACインターナショナルもあります。

 

 

エージェントは日本人であり、JACインターナショナルには外国人もいます。

 

 

私が実際に紹介された求人案件では、「日系運用会社で、勤務地がアジアの高年収なファンドマネージャー」の案件もありましたし、「国内大手銀行でのアナリスト、ファンドマネージャー」の案件もありました。

 

 

勿論、以下のように、外資系ヘッジファンドの求人案件もあります。

 

ファンドマネージャーへの転職

 

(※2017年3月時点の求人情報ですので、現時点で掲載されているとは限らないことをご了承下さい)

 

担当者の方によると、金融セクターだけで20名以上おり、運用会社は一通り網羅されています。

 

 

日系企業で勤務地が海外の案件もカバーされているので、国内勤務、海外勤務の両方を視野に入れている人は登録必須のエージェントです。

 

 

JACリクルートメント ホームページ

 

 

 

 

 

 

 

 

リクルートエージェント

 

 

ファンドマネージャーへの転職

 

 

リクルートエージェントは、言わずと知れた国内最大手の人材紹介会社です。

 

「何だリクルートか」

 

と思うかもしれませんが、私の経験上、実は運用会社の転職においても、リクルートは案件も豊富なのです。

 

 

実際、私が最初の転職で未経験から運用の仕事につけたのは、リクルートエージェントのアドバイザーのおかげでした。

 

 

業種を問わず、数多くの案件を抱えていますので、希望の運用会社が含まれている可能性が高いです。

 

 

特に、日系大手金融機関の案件は大抵は持っています。専門職で高年収ファンドマネージャーアナリストの案件も持っています。

 

 

独立系の個人経営的なヘッドハンターは、手持ち案件が少ないため、稀に同じ会社ばかり推奨されることがありますが、リクルートエージェントのような大手ではそのような心配は不要です。大抵は、いくつかの選択肢を示してくれますので安心感がありました。

 

 

非公開求人が多いため、普通に検索しても出てきませんが、実際にエージェントに合うと、具体的な会社をいくつか教えてくれました

 

 

転職エージェントも経験が豊富ですので、疑問に思うことは何でも聞けばいいと思います。未経験者にもおすすめできます。

 

 

 

リクルートエージェント ホームページ

 

 

 

 

 

 

 

 

DODA

 

 

ファンドマネージャーへの転職

 

リクルートに次いで業界2位のテンプホールディングス傘下のインテリジェンスが運営しているサイトです。

 

DODAの公開求人でいくら検索しても、ファンドマネージャーもアナリストも出てきませんが、全て非公開求人となっています。

 

実際に会員登録して、エージェントと面談をすると、複数のファンドマネージャー、アナリストの求人案件を紹介してくれます。登録も簡単で、必要事項をクリックしていけば3分程度で済みました。

 

私が実際に紹介していただいた案件は、日系外資系も様々でした。その紹介から、何社か運用会社と面接もしました。

 

大手だけあって案件が豊富で、ファンドマネージャーアナリストだけでなく、金融機関の経営企画や、運用企画運用事務リスク管理なども紹介してもらい、自分も幅広い視野で検討することができました。

 

エージェントの方も金融業界の経験が豊富な方で、安心して相談できました。

 

 

真剣にファンドマネージャーやアナリストで転職を考えているなら、登録しておいて損はないです。

 

 

DODA ホームページ

 

 

 

 

 

 

 

Michael Page(マイケルペイジ)

 

 

ファンドマネージャーへの転職

 

 

 

 

ファンドマネージャーへの転職

※2017年3月時点

 

 

外資系だけあって、他には無い外資系大手運用会社ヘッジファンドの案件を紹介してもらったことがあります。

 

 

外資系だと、エージェント自体が外国人で、英語で相談しないといけない場合もたまにありますが、ここは日本語で相談できます。

 

 

担当者によりますが、丁寧に転職先の会社や面接の情報を教えて頂き、個人的には良い印象を持っています。

 

 

外資系運用会社を狙うなら、おすすめのエージェントです。

 

 

Michael Page ホームページ

 

 

転職する気がなくても、心が軽くなる

転職エージェントに登録するのは、そうはいっても面倒くさいし、心理的なハードルは高いと思います。(作業的には楽勝なのですが)

 

 

私がそうでした。自分のアピールポイントを作るのって、何か気が引けますし、疲れます。

 

 

でも、私も転職する気が3%くらいしかないときに、いざ登録して少し話を聞いてみると、「もし今の会社をクビになっても、他に道があるんだ」とわかり、心に余裕ができました。

 

 

仕事の方向性と人生の方向性にズレを感じながら、時間が過ぎていく毎日でしたので、当時の私にとっては、「いざとなれば他にも選択肢がある」と思えることは、救いでした。

 

 

上司の小言も、心なしか余裕をもって聞けるようになりました。

 

 

「転職でアピールするのに、いま自分に足りないのは、○○の経験だな。明日から意識的にそこは頑張ろう」

 

 

と考えるようになりました。

 

 

「仕事に追われ、考える暇もない自分を見つめなおし、たった一度しかない、自分の人生の主導権を取り戻す」

 

 

私は、転職エージェントに登録する意義の大半は、そこにあるんだと思います。

 

 

もちろん、最初から自分に合った良い案件があって転職が決まれば、ハッピーです。

 

 

そうでなくとも、無料でプロに話を聞け、心が軽くなったり、もうちょっとだけ今の会社で頑張ろうと思えれば、十分だと思います。

 


トップページ 実際の仕事内容 おすすめの転職エージェント 外資の面接 主要な運用会社の特徴