年収はどれくらいなの?

年収はどれくらい?

年収は年齢や経験にもよりますし、ヘッジファンドで成功報酬体系の場合は桁が変わります。

 

例えば、Bizreachで「ファンドマネージャー」の職種を検索すると、大体800万〜1500万円が多く、5000万円の求人もあります。

 

ファンドマネージャーへの転職

 

ファンドマネージャーへの転職

 

 

CFAシカゴ協会によると、米国のファンドマネージャー、バイサイドアナリストで2,000万円を超え、上位25%の人は4,000万円を超えています。このバイサイドリサーチアナリストは、母集団43人のシカゴ地域のデータなので偏りがありますが、米国など海外における年収は一般的に高くなります。
ファンドマネージャーへの転職
(Cicago CFA society)

 

 

ヘッジファンドのトップマネージャーとなると、以下のようにトップは年収2,000億円を超えます。資産ではなく、年間の収入です。
ファンドマネージャーへの転職

 

ヘッジファンドのマネージャーは過剰な手数料を得ている、との批判は常にありますが、リーマンショックを経ても、ヘッジファンドのビジネスモデルは存在し続けています。

 

日本でも、「100億稼ぐサラリーマン」としてタワー投資顧問の清原氏が一時期取り沙汰されましたが、そのようなチャンスを夢見てチャレンジする人が増えてもおかしくないのではないでしょうか。

 

 

関連ページ

年齢制限はある?
ファンドマネージャーの仕事に関心がある人に、実際の経験に基づいて、仕事内容、醍醐味、年収、トレーダーやアナリストとの違い、おすすめの転職エージェント(人材紹介会社)などについて紹介します。
朝早くから深夜まで働くの?
ファンドマネージャーの仕事に関心がある人に、実際の経験に基づいて、仕事内容、醍醐味、年収、トレーダーやアナリストとの違い、おすすめの転職エージェント(人材紹介会社)などについて紹介します。
女性でもファンドマネージャーになれるの?
ファンドマネージャーの仕事に関心がある人に、実際の経験に基づいて、仕事内容、醍醐味、年収、トレーダーやアナリストとの違い、おすすめの転職エージェント(人材紹介会社)などについて紹介します。
資格は必要?
ファンドマネージャーの仕事に関心がある人に、実際の経験に基づいて、仕事内容、醍醐味、年収、トレーダーやアナリストとの違い、おすすめの転職エージェント(人材紹介会社)などについて紹介します。
学歴は必要?
ファンドマネージャーの仕事に関心がある人に、実際の経験に基づいて、仕事内容、醍醐味、年収、トレーダーやアナリストとの違い、おすすめの転職エージェント(人材紹介会社)などについて紹介します。
クビになったらどうなるの?
ファンドマネージャーの仕事に関心がある人に、実際の経験に基づいて、仕事内容、醍醐味、年収、トレーダーやアナリストとの違い、おすすめの転職エージェント(人材紹介会社)などについて紹介します。
どういう人が向いているの?
ファンドマネージャーの仕事に関心がある人に、実際の経験に基づいて、仕事内容、醍醐味、年収、トレーダーやアナリストとの違い、おすすめの転職エージェント(人材紹介会社)などについて紹介します。

トップページ 実際の仕事内容 おすすめの転職エージェント 面接対策 主要な運用会社の特徴